Tシャツ用語集@

Tシャツ用語集

Tシャツ用語集@

 

●異形糸タフタ

通常の糸の断面が丸状なのに対して、三角形の形をした糸で、光の反射をしやすく、光沢が出ます。

●綾織り(あやおり)

経糸と緯糸の本数を変える事で生地表面に斜めのラインが入る。

●オックスフォード

経緯共2本もしくはそれ以上の糸を引きそろえた平織り。丈夫で通気性が良い。

●オンス

糸の重さの単位。数字が大きくなる程、重くなる。ozと書く事が多い。

●インクジェットダイレクトプリント

インクジェットプリンターで生地に直接印刷する加工方法で、風合いが柔らかくプリント面積も大きく
アパレル業界では多く使われ始めた加工方法。

●カッティング圧着シート

熱プレス機で圧着プリントできるシートでカッティングマシンでカットして使う。

●カード糸

コーマ(櫛のような物)を通さないで作った糸のこと。ごく短い繊維や不純物をカード機で
除去しただけの不均一な綿糸。
コーマ糸に比べて光沢・均整度は劣る。

●コーマ糸

短い繊維を除き、長い繊維だけを平行にそろえた細い綿糸。コーマを通し、面のけばをなくした糸。
滑らかで、艶がある。

●コットンスレッド

縫い糸に綿糸を使用していること。
通常はポリエステル糸だが、染めた際、染まらずに残ってしまう。
綿糸だときちんと染まるため後染めが可能となる。

●カラーコピー転写

バインダーや樹脂が付いた特殊な転写紙にカラーコピーを撮りその紙を熱プレス機で圧着するプリント方法、
カラーコピー機の性能が上がり、低価格化になった事で普及した。
色数が多いプリントでは多く使われている。

●カッティング圧着プリント

カラーシートをカッティングマシーンを使ってカットして不要な部分を剥がし、熱プレス機で圧着する加工方法でスポーツ業界など個人名やゼッケン等のプリントで多く使われている加工方法で小ロットの加工に適している。

●からくり刺繍

ポリエステルの糸で刺繍し、刺繍した部分だけにフルカラーで昇華プリントする方法でなぜかからくり刺繍と呼んでいる。

●カツラギ

厚く丈夫な木綿織物で横断幕などに多く使われる。

●スクリーン印刷

製版した版の上からインクを刷る印刷方法で1色につき1版使用する。昔はシルクを使っていたため
シルクスクリーンと呼ぶ場合が多い。

●昇華プリント

昇華インクを使って、ポリエステル素材に昇華プリントする方法で昇華とは、熱を加える事でインクが気化し生地に染める加工方法でポリエステルのサッカーユニフォームなどは昇華プリントが多い。綿製品には昇華できない。ポリエステルに写真やCGをプリントする場合は昇華プリントは一番きれいにプリントする事はできるが、
長時間の紫外線にあたると色あせしやすい。

pickup

ヴィクトリアシークレットのパンティ

2017/6/7 更新